(株)アイ・キャン

ケーブルラジオ

Cable Radio

普段はラジオとして利用でき、
緊急放送を受信すると自動でお知らせします。

「防災・行政放送」を自動で受信しお知らせする機能をもった端末で、ケーブルテレビと連動すれば、緊急字幕放送への視聴誘導も自動で行う、ケーブルテレビ局の有線ネットワークを利用した防災情報サービス。

防災・行政放送を自動受信

「防災・行政放送」を受信すると自動で切り替わりお知らせします。電源OFF時でも自動起動するので、突然の出来事にも強い味方となります。

アイ・キャン緊急放送と連動

アイ・キャン【12-1】チャンネルで緊急放送の内容をご確認頂けます。
※ データ放送対応テレビならリモコンの【d】ボタンから岩国市のお知らせ等もご確認頂けます。

普段はラジオとして利用

本体に設定されたラジオ放送をお好みの選局で楽しむことができます。 ケーブルネットワークを利用した安定した品質の放送が楽しめます。

24時間いつでも音と光でお知らせ

ケーブルテレビアイ・キャンで緊急告知放送が流れると、音と光でお知らせ。 就寝中などテレビをつけていない時も安心。

停電時でも利用できる安心設計

停電になった場合でも、充電式バッテリー内蔵なので安心。
※停電時の使用には宅内工事が必要になります。

「防災・行政放送」や「緊急告知放送」をケーブルテレビ局の有線ネットワークで伝達。

ケーブルテレビ網を利用して行政機関からの「防災・行政放送」や「緊急告知放送」を宅内の端末まで有線で送信します。
屋外からの放送は周辺環境の状況により聞き取りにくいこともあるため、宅内に放送端末を設置することで聞き逃しを防ぎます。
また、有事・緊急の際は、早期に情報を共有することで被害の軽減が期待できます。

放送形態イメージ緊急告知放送(一例)

行政における緊急告知放送

「防災・行政放送」は市町村が運用を行う放送で、緊急時や災害発生時などの情報伝達手段として活用されています。

ケーブルテレビ局のネットワークを活用

緊急時や災害発生時など行政機関が行った「防災・行政放送」や「緊急告知放送」をケーブルテレビ局が受信。それらの情報を迅速にケーブルテレビ局のもつネットワークを利用して再送信します。

ケーブルラジオで緊急告知放送を受信

ケーブルテレビ局から有線で情報を送信するので、緊急時や災害時などでも各機関からの情報を受信環境や天候に左右されること無く安定した状態で聞くことができます。

□ アイ・キャン加入者

既存の引き込み及び、宅内配線を利用して防災情報を受信します。 停電時、防災情報を受信する為にONUを無停電対応型に交換しケーブルラジオへ接続します。
※現在の宅内配線の状況によっては工事内容に変更、追加工事が必要となる場合があります。

□ アイ・キャン未加入者

新規に引き込んだケーブルと既存のTVアンテナを混合、宅内TV端子を2分配しケーブルラジオを接続します。
なお、宅内配線の状況によって工事内容が大幅に異なる場合(特殊工事)は別途見積りいたします。
 

※ブースター(増幅器)がある場合は、ブースターの無停電対応工事も併せて行います。

ページトップへ